Q&A

よくご質問いただく内容をQ&A形式でまとめました。

毎月の校納金について

Q1 毎月の校納金はおいくらですか?

A1

授業料   26,000円
教育充実費  6,000円
PTA会費    900円
生徒会費   1,000円
放課後の補習費  0円
合計    33,900円

国の就学支援金により一律9,900円支給されますので、
月額 24,000円となります。

国の就学支援金にはご家庭の所得に応じた加算支給制度、
また、県の就学助成金などがございます。
詳細は、本学園事務室にお問い合わせ下さい。
私学協会ホームページにも説明のページがございます。こちら

 

Q2 敬愛の就学支援金の対応について教えて下さい。
A2 敬愛では就学支援金を差し引いた額を校納金としてお支払いいただいています。

 

通学について

Q1 在校生の通学範囲について教えて下さい。

A1 本校は通学範囲が広く、遠方の生徒もたくさん通学しています。在校生の通学範囲は以下の通りです。

 

 

コースや教育課程について

Q1 クラス編成はどういう仕組みになっていますか?

A1 平成21年度から新設した特進Sコース、
九大医進コースと特進コースと進学コースがあります。
2年生・3年生でのコースの変更は希望と適性が認められれば可能です。

Q2 授業を分かりやすくするためにどのような取り組みをしているのですか?

A2 教職員は様々な研修を行っています。
外部研修のみならず、研究授業をおこなったり、週に一度、教科の先生同士で会議を開いたりし、互いに教育力を高めています。
また、学期に一度、生徒に授業に関するアンケートを実施し、より分かりやすい授業を目指しています

Q3 2年生の特理系・理系・文系・文理系の4つの類型について教えてください
A3 自分の志望する大学を目指して、2年生の類型を選びます。
2年生からは特進Sと特進を目的別・習熟度別に再編成(特進Sコースに合流)。

九大医進コース・特進Sコースには特理系・理系・文系を設置します。
理系と特理系は数学を2年生のときに3年生の内容まで学習し、特理系は医学部受験対応の類型で理科を3科目履修、理系は2科目を履修します。
文系は全教科バランスよく学習をし、数学は数Ⅱ・Bの分野までを学習し、2年生後半は受験対策の時間にシフトします。理科は1科目を履修します。

進学コース
は文理系を設定し、幅広い進路に対応しています。   
   
Q4 3年生の類型 特理・理Ⅰ・理Ⅱ、文Ⅰ、特文、文理系について教えてください。

A4 2年生の類型選択に引き続き、3年生でも受験に応じた類型を選択します。

九大医進コース・特進Sコースには特理系・理Ⅰ・理Ⅱ・文Ⅰ・特文を設置します。
特理系は理科を3科目・数学は数Ⅲまで履修。
理Ⅰは理科を2科目・数学は数Ⅲまで履修。
理Ⅱは理科を2科目・数学は数Ⅰ・Ⅱ・A・Bの受験対策。
文Ⅰは理科を1科目・数学は数Ⅰ・Ⅱ・A・Bの受験対策。
特文は数学・理科の授業を実施せず、国・英・社を中心に実施。

進学コースは文理系を設定し、幅広い進路に対応しています。 

Q5 土曜日は授業がありますか?
A5 週6日制です。土曜日も4時間の授業を行っています。
   九大医進コースのみ河合塾講座があり、140分の英語・数学講座があります。
Q6 一日何時間授業ですか?

A6 一日6時間~7時間授業です。
敬愛高校は通学範囲が広範囲にわたっているので、朝補習を設けておりません。
(クラス担任・教科担任がクラスに応じて行う補習等は実施)
放課後の補習が8時間目・9時間目まで実施されることもあります。
補習は計画的に実施されています。

なお、7時間目終了時間は16時40分です。

 

宗教教育について

Q1 宗派は何宗ですか?
A1 浄土真宗本願寺派です。
Q2 具体的にどのような宗教教育を行っているのですか?
A2  毎週1時間、仏教の授業があります。また、月に一時間、「愛楽会(あいぎょうかい)」という行事を行い、近隣の寺院の方々をお招きし、ご法話をいただいています。その他にも盆法要や報恩講、追悼法要など様々な行事を行い、いのちを見つめる心の教育を行っています。

 

国際理解教育について

Q1 海外研修はどのように行われていますか?

A1 1年生は希望者対象に3月に約3週間の「ニュージーランド語学研修」・約1ヶ月の「ハワイPBA語学研修」があります。
ホームステイや現地の高校生との交流を行い、英語力を磨きます。

2年生では3月に
「パリ・ロンドン修学旅行」を実施します。
さらに、英語を学びたい生徒は、希望者対象にさらに約10日間イギリス フォークストンにてホームステイ語学研修を実施しています。

また、韓国の三賢女子高校・ハワイ本願寺ミッションスクールとは姉妹校関係にありますので、ホームステイを通した交流を毎年行っています。

Q2 海外研修の奨学金などはありますか?
A2 本学園には「育成会」という海外研修支援団体があります。奨学金を希望する生徒対象に適性試験を行い、奨学金を給付しています。育成会は昭和52年に発会し、これまで911名の生徒が支援をいただいて海外研修に参加しています。

 

入試について

Q1 推薦入試について教えてください。(平成28年度入試の情報です)

A1 A推薦とB推薦という2つの推薦入試の形態があります。
推薦入試は合格後は必ず本校に入学する意志を持っている受験生が対象の入学試験制度です。出願の際は校長先生の推薦書が必要になります。

A推薦・・・英語100点+国語・数学の1つを選択100点の計200点
        (※ただし、九大医進・特進Sコース志望者は3教科計300点)

B推薦・・・面接
    ※B推薦には出願基準があります。3年生の2学期の平均評定値が
      (九大医進・特待) 4.5以上
      (特進S) 4.0以上
      (特進)  3.5以上
      (進学)  3.0以上

※推薦入試不合格者は、再出願なく一般入試を受験できます。
(再度、受験料を納めていただく必要はありません。)

Q2 特待生制度はありますか?
A2 あります。
  
入学選考の結果、成績優秀者には特待生の合格通知をお渡しします。
国の就学支援金をのぞいた授業料、そして、教育充実費、河合塾費に対して、学園独自の特待生制度として月額最大26,000円を免除します。

文化面・スポーツ面で中学時代に十分な成果を発揮した生徒を対象とした奨学生の制度もあり、学力・技能・経済的支援を必要とすることなどを総合的に判断し、本学の規定にしたがって、奨学生に認定しています。
Q3 コースの希望は第1希望~第4希望まで希望できますか?

A3 一般試験では
1. 九大医進・特 進S・特 進 ・進 学
2. 九大医進・特 進S・特 進
3. 九大医進・特 進S
4. 特 進S ・特 進 ・進 学
5. 特 進  ・進 学
6. 九大医進のみ
7. 特進Sのみ
8. 特進のみ
9. 進学のみ

という9つの志望型があります。
1番を志望した場合、九大医進コースの合格点に満たず、特進Sの合格点には到達していたら、特進Sコースの合格。
特進Sコースの合格点にも達していなくて、特進コースの合格点に達していたら特進コース合格という形の志望型になります。
8番の場合は、特進のみを希望ということで、合格点に満たない場合は不合格となります。
9番の場合は、もし、合計得点が特進コース合格でも進学コースでの合格となります。

Q4 入学前3月に行われるクラス編成試験はどんな試験ですか?
A4 第2次手続きをした生徒を対象に、新年度のクラス編成のために実施する国語・数学・英語の3教科のテストです。また、第一志望復帰および特待生復帰のチャンスがあります。