Home > こころの教育

礼拝 〜いのちの尊さを学び、感謝・思いやりの心を育む〜

学校法人鎮西敬愛学園は本願寺派の宗門校であり、

親鸞聖人のみ教えを基盤としています。

幼稚園では礼拝の時間を設け、身近なお話を聞きながら、

いのちの尊さや素直にありがとうと言える

報恩感謝の心を育んでいます。

 

礼拝の始まりと終わりには、

手を合わせ、心を落ち着かせ、誓いの言葉を唱和します。

 

 

絵本の読み聞かせ 〜毎日担任の先生による読み聞かせで大切な感性・創造性を育みます〜

先生の優しい語りかけは、

心を和ませ集中力を高めていきます。

子どもたちから「今日は何の本だろうね」

という声が聞かれるほどです。

図書コーナーには1,000冊以上の絵本を置き、

自由に遊んだり、調べたり出来る環境を作っています。

絵本が身近な存在となり、

本を読む習慣が自然と身についていきます。

 

 

仲良しDAY 〜異年齢同士の交流が敬いと思いやりの心を育みます〜

月に一度、異年齢同士が園外保育へ出掛けたり、

お店屋さんごっこを行なったりしています。

年下の子が、年上の子に優しくしてもらった経験は、

自分たちが年上になった時に、

年下の子に思いやりをもって接することが出来るようになる

大切な経験です。

クラスの枠を超えた関わり合いの中で

子どもたちの豊かな心を育んでいきます。

 

Page top